途方に暮れなずむ

途方に暮れていたり、いなかったり。

中くらいの人に怒られる

朝。起き抜けに、中くらいの人のお弁当を用意しようとして、やらかす。

冷凍庫を開けようとしたところ、何かが引っ掛かった手応えがあった。少々力を込めて引っ張り開けたら、何かがぽーんと飛び出した。冷凍庫の中を確認すると、そこには、袋の口が開いたチューペット?チューチュー?(正式名称は分からないが、あの甘いジュースが透明な筒状の容器に入っているやつ。凍らせて、真ん中のくびれ部分をぽきんと折って食べるやつ)が。そして、先程ロケットの如く飛び出したっぽいチュー某は、あろうことか冷蔵庫と壁の隙間に入り込んでしまったのだった。暗闇にロケットの先端部分だけが見えている。色はみどり。青りんご味だ。手こずらせよってからに、などとぼやきつつ、隙間に雨傘を差し込んでチュー某を連れ戻そうとしたのだが。嗚呼、何ということ!コントロールを誤り、チュー某が冷蔵庫の下に隠れてしまった。その辺のものを差し入れてみるも、出てくるのは、チュー某ではなく、軽やかに踊る埃と変な汗。

私は、お弁当を作らないといけないのだ。

よし、もういい。何も無かったことにしよう。何か飛び出た気はしたが、それが何だったかはっきりこの目で捉えたわけではない。いずれ引っ越しだか買い替えだかで冷蔵庫を動かしたときに、「あれ?なんでこんなところからチュー某が!?」みたいな反応をすればいいのだ。その時には、きっと私自身、今日のことなんてすっかり忘れていて、極めてナチュラルな受け止めができるはず。ただ、その時出会うチュー某がどんな姿をしているか、そこだけはちょっと怖くもある。さわやかなはずの青りんご汁は、もはやさわやかであるはずはないのだから。

そんなこんながありながらも、無事?お弁当を作り終えた。

のっそり起きてきた中くらいの人に、何とはなしに今朝の出来事を軽くダイジェストでお伝えしたところ、キンキンのチュー某と同じくらいかそれ以上に冷たい目で懇々と説教された。中くらいの人のことだから「やばいね」程度のコメントでスルーするかと思っていたら、意外や意外、彼の口から飛び出したのは「あなたはなんで」とか「信じられない」とか「傘を突っ込む前に相談すればいいでしょう」とか、いわば当たり前のことばたちであった。そんなキャラじゃないだろう、中くらいな人は。衝撃すぎて、かたまる私。とりあえず、反省している感じで、ちーんな雰囲気を醸し出しつつ離れたところに移動、そしてさりげなく観察を開始した。

キッチンと自室とを行ったり来たりしていたと思ったら、中くらいの人は秘密兵器を携えて現れた。40cmと30cmのものさしをテープで貼り合わせたシロモノ。作り手が不器用な中くらいの人なので不安はあるが、我が家最長最薄であることは、間違いない。それでもってしばらくしゃこしゃこやったら、チュー某はわりとあっけなくこちらの世界に戻ってきた。

そうして、中くらいの人は、自分の偉業をアピールするでもなく、思いの外ドライであった。もしかしたら、鼻息ぐらいは荒くなっていたかも知れないが、大人の対応を貫いていた印象を受けた。ここだけの話、むしろ子どもじみていたのは、こっちである。これは、もしや俗に言うおかん超えなのか。これを機に、私は怒られまくって、今までの恨みを晴らされまくるのか。乞う、ご期待?

夕方、ふたりで一本のチュー某を分けて食べた。色は、みどり。それが、あのお騒がせチュー某なのか、別のチュー某なのかは詮索しないでおく。

 

 

勝手に殺さないで欲しい

泣いても笑っても連休最終日の日曜日は、味付けたまごを煮たり、絹さやをおかか和えにしたり、掃除機をかけたりしているうちに終わった。そうだ。朝イチには、例の騒動(昨日の日記参照)もあったし、午後からは中くらいの人の関係で外出もしたんだった。私にしては、なかなか盛りだくさんな休日。

夜、テレビを観ながら、母の日というキーワードに「私には母の日的な要素は皆無だな」などとやさぐれていたら、突然家の電話が鳴り出した。何事かと思って受話器を上げると、ものすごい勢いと音量で「あんた!生きとる!?」という言葉が放たれた。何が起きた?状況把握のため何か言葉を発しようと思っても、隙が見つからない。かーさんの勢いは止まらず「あんたから何も届かんけん、倒れとるんじゃないかと思うて!」「催促の電話じゃあないんよ!」などと続いて、少し状況が見えてきた。毎年、母の日には私から何らかのアクションがあるのに、今年は何の音沙汰もなく、ひょっとして私の身に何か起きたのではないかと心配になったらしい。そういえば、定形外の郵便を投函したのは木曜日の早朝のこと。どうやら連休がらみで間に合わなかったらしい。そういえば、土曜日の普通郵便の配達は廃止されたのだっけ。やっとのことで説明すると「とーさんに催促みたいな電話はやめんさい、って止められたんじゃけど、心配で心配で」「あんたのケータイにかけても繋がらんし」とのこと。たしかに携帯は、ほったらかしであった。すまない、かーさん。そうして、かーさんは突如恥ずかしくなったようで、これまたすごい勢いで通話を終了した。「生きとったわ、あの子!」と背後に居るのであろうとーさんに声を掛けながら。電話が切れたあとの私の空間はやたらと静かで、寂しくなった。

父の日のプレゼントは、日数に余裕をもって送らなくては、と心に誓った次第。

甘酸っぱい

若者に「インスタやってないですか?」と訊かれる。軽く絶句ののち「やってるように見えます?」と訊き返したい気持ちを必死に堪える。「何歳に見えます?」と同じ系統の悪ノリな気がしたから。

 

昨日作ったさくらんぼジャムをヨーグルトにかけて食べたら、殊の外おいしかった。島の家の庭木になっていたさくらんぼがこんなにも素敵に変身するとは。常日頃から「キッチンに立つのは必要最小限」をモットーとしているが、今日ばかりは自分のことを誉めてあげたいと思った。

f:id:yuyakesango:20220506224631j:image

おひらき

あー、終わっちゃうなあ、連休が。何回目になるかわからないこの台詞をぼそっと呟きつつ過ごす、子どもの日。縮緬細工の兜を出さなくなって、久しい。

早朝、遠くへ旅立つ雨井さんを送り出す。今月中にもう一度会える予定ではあるけども、GW明けの感染状況によっては、またしばらく会えなくなるのかも。

こんがり焼いたパンに、最近気に入りのデキシーあずきミルククリームをたっぶり塗って食す。こうして朝食摂りつつ、盛大に洗濯機回しつつ、テレビを観る。そうこうするうちに、髪染めにも着手することになり、なんだかもうカオス。結局、こういうのが連休最終日っぽい過ごし方であるような気がしてくる。

一息ついたところで、ジップロックいっぱいの江田島さくらんぼの救済に勤しむ。小さな実から種をとりのぞくところから始めて、のんびり煮込む。出来上がったジャムは瓶に詰めて、残りはロシアンティーにしていただいた。ちょっとした贅沢。

午後は、冬の間にバッキバキに成長した亀甲竜を植え替えた。本来なら休眠中にひっそりと行うのが良いのだろうが、鉢いっぱいに塊根が大きくなってしまい、あまりにも窮屈そうな姿に、重い腰をあげた次第。新しい鉢でのびのび育って欲しい。

f:id:yuyakesango:20220506082215j:image

ひよっこだった去年の様子↓

f:id:yuyakesango:20220505202825j:image

酒とか石とか

連休中盤。

胃腸の調子が戻り、晴れてとっておきのアサヒスーパードライ生ジョッキ缶を開ける。一時は生産が追いつかず、どこにも置いてなかったのが、いまやその辺のスーパーにも箱でドカンと売られるようになった。ただ、スーパードライなパッケージが仇となったのか、その佇まいはとても密やか。パッと目につかないので、気づかない人も多いのではなかろうか。普段は金麦一辺倒なので、モノホンのビールに痺れる。一旦泡がひいたあとで、手のひらで缶を包み込むようにしたら、なるほどたしかに中心に向かって新たな泡が集まってくる。そんなことを楽しみながら、おいしくいただいた。明日からは、また金麦生活。

 

たまたま目についたポップアップショップで指輪を買った。天然石を使ったものを中心に、それはそれは結構な品揃え。軽い気持ちであれこれ試したが最後、何が何だかよくわからなくなってしまう。そんな迷えるおばさんのため、お店のお姉さんがおすすめの組み合わせを見繕ってくれた。普段からあまりいろんな色を身につけることがないため、へぇーと感心しつつ、無数の石の上を蝶のように軽やかに飛び回るお姉さんの手を見るのは楽しかった。自分で選んだ、ごろっとした天然石が2つついた指輪も正直捨て難かったが、せっかくなので、お姉さんセレクトを購入することにした。重ねづけでも、単品でも使えるのが良さそうだ。

そういえば、あーでもないこーでもないと悩んでいた時、隣のお客さんが「前回購入したものがとても気に入っていて、次の出店はいつなんだろうと楽しみにしていた」的なことを話しておられたので、そこそこ人気のお店なのかも知れない。

f:id:yuyakesango:20220504170105j:image

ラブラドライトラピスラズリの指輪。ラブラドライトは、一見ミントキャンディのようだが、光の加減で色を変える。

ちなみに、握っているのは、雨井さんからもらったデュワーズ15年。連休のお供。

絶望と絶食

黄金週間に突入。今年は、うまいこと有休を活用すれば、最大で10日間の連休になる。コロナ禍の2年分の鬱憤を晴らすべく、多くの人が往来するのだろう。

コロナ前まで、我が家は年に一度、夏休みを利用して九州に旅するのが恒例だった。旅と言っても、毎年同じ宿に泊まるのだから、もはや観光に時間を割くこともなく、のんびり温泉に入っては、美味しいお料理やお酒をいただいてぐだぐだ過ごすという流れが確立していた。それはそれで楽しみな一大イベントではあったが、もともと旅好きというわけでもないので、コロナでその機会を奪われてしまっても、まあそれならそれで、といった塩梅である。なんせこんな感じのテンションなので、コロナ禍になって「じっとしているのも、もう限界です!」といった人々が世の中に多々おられることをテレビのインタビューを見て、初めて知った次第である。その方面に関してテンションが低いことは、そこそこしあわせなことなんだなと感じた。そういえば、毎年年賀状に海外旅行の写真を送ってくれていた同級生がいる。ここ数年は、国内と思しき写真に切り替わっていたが、彼女なんかはフラストレーションがたまって、今頃どこか遠くへ旅立っているかも知れないなあ。

話が遠くまで飛んでしまった。この黄金週間、私たち家族は皆揃ってカレンダー通りの生活である。5月2日と6日のなんと邪魔なことか。とりあえず、皮切りにここから300km程度離れた雨井さんの部屋に一泊二日の強行軍。無理が祟ったのか、夕食を食べ始めたあたりからお腹が急降下のち吐き気を催す。もともと油?脂?に弱い体質であるからして、旅先での浮かれ気味の暴飲暴食が災いした。もはや若くはないのだ。水をちょいと飲んだだけでも、滝のような脱水。夜中の2時ぐらいまでそんな状況で過ごし、翌朝目覚めたら顔が変わっていた。絶望しかない。こんな状態で地元まで帰れるだろうかと甚だ疑問ではあったが、仕方ない。途中のSAで楽しそうに過ごす雨井さんと中くらいの人を横目に、絶飲食で300kmを舞い戻って来た。無事に帰ることができただけで大儲けである。

そんな黄金週間の記録の中の1ページ。雨井さんの住む町の植物店にて、購入した接木ちゃん。

f:id:yuyakesango:20220502204420j:image

穂木の綴化した紫太陽は、ピンク色がところどころ濃ゆく、上から見るとジューシーな桃のよう。ただし、触ると亀の子束子。そのツンデレ具合?にメロメロである。当初あまり好みではなかったポップな鉢も、いざ自宅に持ち帰ってみると意外と馴染んで見えたので、このままでよしとする。

この子を愛でるたびに、この度の絶望と絶食の旅路を思い出すのは間違いないだろう。

バケモノ

コロナ禍以降、もともと淡白だった毎日がより一層薄味になり、もしかしたら感情も振れ幅が少なくなっていたのかも知れない。

というのも、先日、私は最近になく落ち込んだ。きっかけは、職場での出来事。自分のネガティブさについては、重々承知していたつもりだったが、ひとつひとつをここに書くことが憚られるほどに全てが嫌になってしまったのだった。このままではもう、とますます深くなる暗闇の中で、じりじりとした時間を過ごした。ネガティブが振り切れていた。

その後、思ったよりも早く問題が表面化したことで、事態が急変。皆が疑心暗鬼になっていく中で、ささやかながら話し合いの場が設けられ、誤解から憶測が生まれた経過が何となく浮き彫りになった。そもそもの種を蒔いた人は、外部の人だ。事実が見えていないのにも関わらず、いらぬ世話をやき、掻き回した。そんな状況がうっすら透けて見えてきたが、なんせそれぞれに立場があるから、果たしてどれだけの人がそのことに気づいたかはわからない。わかったところで、どうしようもないし。とりあえずの対策をたてて、週明けを待つことになった。

憶測が憶測を呼ぶという状況が、人のこころに与える影響は本当におそろしい。想像することは大事だが、それが憶測というものを経て、制御不能のバケモノを生んでしまうことがある。通常であれば、こんなことで全てが台無しになるなんてことはない、どうにかなる、と思えても、いざバケモノに睨まれてしまうと、パニック(今回においては、パニックというより、底なし沼に落ちていく感覚だったが)に陥ってしまうのだ。

今回は、どうにか気持ちを立て直せたことに安堵している。精神面、強くなりたい。